テラヘルツ光源研究チーム
Tera-Photonics Research Team

チームリーダー

南出 泰亜Hiroaki Minamide

博士(工学)

写真:南出 泰亜

お問い合わせ

交通アクセス新規タブで開きます

光量子工学研究センター
テラヘルツ光源研究チーム

〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉 519-1399

研究概要

当チームでは、幅広いテラヘルツ波(THz波)応用分野で利用可能な新しい波長可変THz波光源の開発を、独創的な発想・手法で行い、応用分野の隅々まで THz波光を届けることを目指しています。非線形光学現象を利用して、高性能なTHz波光源開発を行い、「高出力」、「広帯域同調」、「高安定」、「狭線幅(CW)」、「高速・ランダム波長可変」などの新規技術開発に取り組み、研究を進めています。また、高感度なTHz波検出に関する研究や、世界に向けたTHz波領域のスペクトルデータベースの公開も積極的に行っています。一方、研究グループ間での共同研究も行い、開発した光源と組み合わせた応用展開、THz波応用分野の開拓にも尽くします。研究進展において必要な技術開発などは、広く産業界の協力を得ながら、世界をリードするTHz波 光源・検出・応用の確立を目指します。

研究分野

工学、総合理工

キーワード

高出力テラヘルツ波光源開発、高感度テラヘルツ波検出、テラヘルツ波応用、非破壊検査応用、非線形光学

研究テーマ

  1. 高出力・超広帯域波長可変THz波光源の開発
  2. 高感度THz波検出
  3. 広帯域周波数可変THz波光源を用いたTHz波応用
  4. THzスペクトルデータベース
研究イメージ

超小型テラヘルツ波光源(左)と有機非線形光学結晶(右)

主要論文

  1. Takida, Y., Nawata, K., Notake, T., Otsuji, T., and Minamide, H.: "Optical up-conversion-based cross-correlation for characterization of sub-nanosecond terahertz-wave pulses” ,Optics Express 30, 7, 11217–11227 (2022).
  2. 南出泰亜: "後進テラヘルツ波パラメトリック光源", CSJ 42 Current Review42 赤外線の化学利用-近赤外からテラヘルツまで- 32-36 (2021).
  3. Minamide, H., Nawata, K., Moriguchi, Y., Takida, Y., and Notake T.: "Injection-seeded terahertz-wave parametric generator with timing stabilized excitation for nondestructive testing applications", Review of Scientific Instruments 92, 9, 093002, 1-8 (2021).
  4. Shibuya, K., Nawata, K., Nakajima, Y., Fu, Y., Takahashi, E., Midorikawa, K., Yasui, T., and Minamide, H.: "Characteristics of nonlinear terahertz-wave radiation generated by mid-infrared femtosecond pulse laser excitation", Appl. Phys. Express14, 9, 092004 (2021).
  5. Han, Z., Ohno, S., and Minamide, H.: “Electromagnetic Wave Tunneling from Metamaterial Antiparallel Dipole Resonance”, Adv. Photonics Res. 2, 2000186, 1-7 (2021).

主要メンバー

南出 泰亜Hiroaki Minamideチームリーダー
瀧田 佑馬Yuma Takida研究員
野竹 孝志Takashi Notake客員研究員
縄田 耕二Kouji Nawata客員研究員
大野 誠吾Seigo Ohno客員研究員
森口 祥聖Yoshikiyo Moriguchi客員研究員