テラヘルツイメージング研究チーム
Terahertz Sensing and Imaging Research Team

チームリーダー

大谷 知行Chiko Otani

博士(理学)

大谷 知行

お問い合わせ

交通アクセス

otani [at] riken.jp

光量子工学研究センター
テラヘルツイメージング研究チーム

〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉 519-1399

関連リンク

研究概要

テラヘルツ光は、物質透過性や物質固有の吸収スペクトルの存在といった特長を有し、研究・産業の広範な分野で利用が期待されています。当チームでは、テラヘルツ光をプローブとするセンシングとイメージングを基軸として、新技術開発と研究・応用分野開拓を進めています。特に、高分子のテラヘルツ分光学研究、テラヘルツ光の照射による分子構造と機能の制御に関する研究、超高感度ミリ波・テラヘルツ波イメージングデバイス開発による宇宙マイクロ背景放射の観測、高強度テラヘルツ光による物性研究などを行うとともに、企業・外部機関と連携して種々の応用開拓も進めています。

研究分野

総合理工、化学、工学、分子生物/遺伝学

キーワード

テラヘルツ科学、テラヘルツ分光、テラヘルツイメージング、テラヘルツ制御、超伝導検出器

研究テーマ

  1. 高分子のテラヘルツ分光と構造・機能の制御
  2. 超高速・超広帯域光励起テラヘルツプローブシステムの開発と応用
  3. 超高感度の超伝導検出器の研究開発と宇宙マイクロ波背景放射(CMB)偏光観測
  4. テラヘルツセンシング・イメージングに関する応用開拓
大谷T研究図

(左)生分解性ポリマー(PHB)のテラヘルツ・ラマンスペクトル。 (右)高強度テラヘルツ光照射によるPHBの構造変化(照射なし・あり)。

主要論文

  1. Tapsanit, P., Yamashita, M., and Otani, C.: “Absorption optimization of selective metamaterial solar absorbers using the analytical solutions,” J. Opt. Soc. Am. B., submitted (2018).
  2. Yaekashiwa, N., Otsuki, S., Hayashi, S., and Kawase, K.: “Verification of non-thermal effects of 0.3-0.6 THz-waves on human cultured cells,” Electromagn. Biol. Medicine, submitted (2018).
  3. Yamazaki, S., Harata, M., Idehara, T., Konagaya, K., Yokoyama, G., Hoshina, H., and Ogawa, Y.: “Actin polymerization is activated by terahertz irradiation,” Scientific Reports, volume 8, Article number: 9990 (2018).
  4. Hoshina, H., Iwasaki, Y., Katahira, E., Okamoto, M., and Otani, C.: “Structure and dynamics of bound water in poly (ethylene-vinylalcohol) copolymers studied by terahertz spectroscopy”, Polymer, vol. 148 pp.49-60, (2018).
  5. Nagasaki, T., Choi, J., Génova-Santos, R. T., Hattori, M., Hazumi, M., Ishitsuka, H., Karatsu, K., Kikuchi, K., Koyano, R., Kutsuma, H., Lee, K., Mima, S., Minowa, M., Nagai, M., Naruse, M., Oguri, S., Otani, C., Rebolo Lopez, R., Rubiño-Martín, J. A., Sekimoto, Y., Semoto, M., Suzuki, J., Taino, T., Tajima, O., Tomita, N., Uchida, T., Won, E., and Yoshida, M.: “GroundBIRD - observation of CMB polarization with a high-speed scanning and MKIDs”, J. Low Temperature Phys., 193, pp. 1066-1074 (2018).

主要メンバー

大谷 知行Chiko Otaniチームリーダー
山下 将嗣Masatsugu Yamashita上級研究員
保科 宏道Hiromichi Hoshina上級研究員
美馬 覚Satoru Mima研究員
佐々木 芳彰Yoshiaki Sasaki技師
吉峯 功Isao Yoshimine特別研究員
八重柏 典子Noriko Yaekashiwa協力研究員
山崎 祥他Shota Yamazaki基礎科学特別研究員
小栗 秀悟Shugo Oguri基礎科学特別研究員
川瀬 晃道Kodo Kawase客員主管研究員
河野 久雄Hisao KawanoテクニカルスタッフⅡ
野口 卓Takashi Noguchi客員主管研究員
沓間 弘樹 Hiroki Kutsuma大学院生リサーチ・アソシエイト
ZHENG XiaoboXiaobo Zheng大学院生リサーチ・アソシエイト