理研シンポジウム: 小型中性子源がインフラ・ものづくり現場の非破壊評価分析を変える

国立研究開発法人理化学研究所 鈴木梅太郎ホール(埼玉県和光市広沢2-1)において、理研シンポジウム「小型中性子源がインフラ・ものづくり現場の非破壊評価分析を変える-大型、小型の連携で挑む元素分析、組織・構造解析の革新-」を開催いたします。

今回のシンポジウムでは、いよいよ実用化が見えてきた小型中性子源によるインフラ構造物塩害の非破壊検査を含む元素分析技術、鉄鋼材料組織のその場計測を通じた新材料創成の可能性、可搬型装置実現への展望等に焦点を当てた講演プログラムとともに、実際に小型中性子源システム「RANS」と今年度稼働「RANS-Ⅱ」を見学して頂く機会をご用意しました。

貴重なこの機会、お一人でも多くの方、お誘いあわせの上、是非お越しいただけますようお願い申し上げます。
定員になり次第締切りとさせていただきますので、是非、お早めに。

開催概要

題目 理研シンポジウム: 小型中性子源がインフラ・ものづくり現場の非破壊評価分析を変える
開催日 2019年12月19日
開催時間 09:30~17:40
会場 鈴木梅太郎記念ホール 埼玉県和光市広沢2-1
参加登録

2019年度 理研シンポジウム 申し込みページ

詳細情報 理研シンポジウム: 小型中性子源がインフラ・ものづくり現場の非破壊評価分析を変える [PDF , 521 KB]